記事一覧

陸自演奏会に反対要請へ─平和運動連絡協

 






2011/06/07 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古平和運動連絡協議会 (星野勉共同代表) が6日、 日本キリスト教団宮古島伝道所で記者会見し、 11日にマティダ市民劇場で予定されている陸上自衛隊第15旅団の音楽隊による演奏会について声明文を発表した=写真=。 星野共同代表は 「純粋な演奏会ではなく、 自衛隊配備に向けた宣撫活動。 自衛隊をアピールしているのは確かだ」 と説明した。 同会は7日にも川上哲也教育長に要請活動を行うとしている。
続き
 同協議会は 「宮古の平和を守るため、 軍事化・軍事利用に反対すること」 を主な目的として、 市民団体、 労働組合、 個人が参加しており、 5月に結成された。
 陸上自衛隊第15旅団の演奏会に反対する声明文では 「これまでの事例から音楽隊は自衛隊機で宮古空港を使用すると思われる。 自衛隊機が乗り入れることは緊急時以外認められない。 空港の管理者である県知事と地元宮古島市長がこれを拒否することを要求する」 とし、 「政府が新防衛大綱と中期防衛力整備計画で宮古・八重山地域に陸上自衛隊を配備する計画を立て、 災害支援拠点を口実に下地島空港を軍事利用しようとする防衛省の思惑と連動していると思わざるをえない」 とし、 宮古空港使用と演奏会に反対すると発表した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 3665-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加