記事一覧

西原方言で紙芝居、花城千枝子さんが作話・発行

 






2011/03/31 09時06分配信 - 教育 -

 平良西原のひよどり保育園長の花城千枝子さん (63) はこのほど、 京都大学などの協力を受けて西原方言の紙芝居 「カナルおばーぬゆがたい 『みまむいぶすぬはなす』」 を発行。 30日には市立西辺小学校に10冊を寄贈した。 独立行政法人福祉医療機構の子育て支援事業の助成で製作。 子供を温かく見守る親をテーマにした物語で、 戦後間もない頃の西原集落の情景を再現した絵になっている。 方言を使える子供が減っていることから、 花城さんは同紙芝居を製作。 「西原の方言を子々孫々まで残す宝にしたい」 と話している。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 3226-1.jpg
紙芝居「みまむいぶすぬはなす」を宮国校長に寄贈した花城さん(右)=西辺小学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加