記事一覧

きょう旅客輸送開始、琉球海運

 






2011/01/09 19時34分配信 - 社会・一般 -

 航空機に搭乗できない潜水病等の患者救済に限定した琉球海運 (山城博美社長) の旅客輸送が10日、 スタートする。 那覇と宮古及び石垣を結ぶ 「しゅれい」 (定員4人) と 「にらいかない」 (同2人) が利用可能で、 同社では 「離島における身体的弱者救済、 ダイビングなど観光事業振興の一助になれば」 としている。
続き
 沖縄と先島間は、 2008年に旅客フェリーが運休して以来、 人的移動の交通は空路のみに限られていた。 一方、 潜水病など身体的理由で気圧の影響を受ける住民や観光客については、 輸送手段がないのが現状で、 5市町村による 「美ぎ島・美しゃ市町村会」 も同社に要請していた。
 このような状況を踏まえ、 同社は沖縄総合事務局運輸部に対し、 特定者を輸送するための貨物定期航路事業を届け出た。 貨物船による旅客輸送は全国でも初めてという。
 乗船には医師の診断書確認が必要。 利用は同社の貨物船 「しゅれい」 (平良港入出港・毎週火曜)、 「にらいかない」 (同毎週土曜)。 運賃は無料だが、 乗下船などの手数料5000円が必要となっている。 飲食物は持参。 問い合わせは同社宮古支店 (72・2047) まで。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加