記事一覧

宮糖城辺工場 初荷の安全輸送祈願

 






2021/12/19 09時01分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖城辺工場は18日、2021/22年産サトウキビ製糖操業の最初の分蜜糖820㌧を出荷した。前日に船積みされた伊良部工場の680㌧と合わせて計1500㌧の初荷が福岡県の三井製糖に送られる。城辺工場と平良港で宮糖をはじめ陸上・海上の運搬関係者が操業期間中の安全な輸送を祈願した。17日現在、同工場の平均甘蔗糖度は15・05度、1㌧当たりの農家平均手取り額は2万4047円と高品質で推移している。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25502-1.jpg
今製糖期の初荷を積んで出発するダンプ=宮古製糖城辺工場

ファイル 25502-2.jpg
貨物船に積み込まれる初荷の分蜜糖=平良港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加