記事一覧

しろう農園に大臣官房長賞 地産地消優良活動表彰で

 






2021/12/19 09時03分配信 - 産業・経済 -

 農林水産省は15日、2021年度地産地消等優良活動表彰で、上野宮国のしろう農園(砂川勇人代表)が生産部門の大臣官房長賞を受賞したと発表した。地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大推進に向け、全国から募集した取り組みのうち特に優れたものを表彰するもの。21年度は93件の応募があった。
続き
 しろう農園はアロエベラの有機栽培を行っており、ヤギを飼育し雑草を食べさせ、ふんを肥料に活用している。ヤギとのふれあいを観光資源に利用し、受粉も兼ねて養蜂も行うなど、さまざまな事業を有機的に連動させている。
 日本最大規模で栽培したアロエベラを使ったジュースや美容ドリンクなどを自社で開発・製造。農園敷地内の直営カフェでの販売のほか、インターネットでの通販も行っている。
 アロエベラの皮むき作業を自動化するために改造した水産加工機械の活用で労働生産性が向上したことや、地元農家が生産した農作物の出荷先を確保するため、農園内に手数料なしの無人販売所を開設していることなどが評価された。
 表彰式は22年1月21日にリモート形式で開催される予定。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25500-1.jpg
ヤギを放し飼いにしているアロエベラ畑=16日、上野宮国のしろう農園

ファイル 25500-2.jpg
農水省に表彰されたアロエジュース=16日、上野宮国のしろう農園

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加