記事一覧

根間さんが沖電賞 SDGsフォトコン

 






2021/12/19 09時04分配信 - 科学・環境 -

 【那覇支局】第1回SDGsフォトコンテスト表彰式(主催・JICA沖縄、県、浦添市)が18日、JICA沖縄国際センターで行われ、応募総数417作品の中から、宮古総合実業高校食と環境科環境クリエイトコース3年生の根間琉乃介さん(18)が沖縄電力賞、金城莉希斗さん(17)と奥浜脩太さん(18)が高校生以下部門賞に輝いた。
続き
 根間さんは「風力発電でより良い暮らしを!」をタイトルに「宮古島の風力発電では省エネと再生可能エネルギーに関する取り組みとして大きな役割を果たし、私たちの暮らしを支えてくれています」とメッセージを添え、SDGs(持続可能な開発目標)実現への思いが写真と合わせて評価された。
 金城さんは「宮古島の竹を使った門松作り」のタイトルで宮古島の竹とおがくずを再利用した門松づくりの様子、奥浜さんは「バイオ・リン作り」のタイトルで実習時に出た廃棄物を再利用して、有機質肥料を作っている様子の写真とメッセージがそれぞれ評価された。
 受賞を受けて、根間さんは「何気なく撮った写真だったが、海のきれいさや波の音、夕日の色などの自然の豊かさがこの1枚に入っていて、島の良さに改めて気づけた」、金城さんは「授業で取り組んでいたことがSDGsにつながっていてうれしい。自分たちができる一つひとつの取り組みを今後も継続していきたい」、奥浜さんは「環境に配慮した有機質肥料を宮古島の人たちに伝え、島だけではなく、沖縄や世界中でも同様な取り組みができることを願っている」とそれぞれコメントを寄せた。3人は所用のため、式への出席は見送っていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25499-1.jpg
沖縄電力賞を受賞した根間さんの作品

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加