記事一覧

母体体温監視システムで、収益増、労働負担軽減

 






2021/12/19 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市はこのほど、母牛の分娩兆候を感知して農家に知らせる「牛温恵」の効果検証を行った。2020年度までに同システムを導入した農家では、計1066頭の繁殖牛が20年度に1119頭の子牛を産んでおり、生産率は105%となった。関係者が目指してきた1年1産を超える成果を確認し、市の畜産農家の収益増や労働負担軽減が期待される。市は19年度から導入に20万円の補助を設けており、今後も普及に努めるとしている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25498-1.jpg
宮古島市の肉用牛生産率

ファイル 25498-2.jpg
牛恩恵の仕組み

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加