記事一覧

ブーゲンビレア栽培指導 上野中で出前講座

 






2021/12/15 09時02分配信 - 教育 -

 上野中学校(渡久山英徳校長)は13日、ブーゲンビレア栽培の出前講座を開いた。大嶺ファーム代表の上地昇さんが講師を務め、同校の校花、ブーゲンビレアの特徴や手入れの仕方を生徒たちに指導した。生徒たちは上地さんに習いながら実際に剪定(せんてい)。花が満開に咲くよう願いを込め丁寧に手入れした。
続き
 同校では生徒がひとり一鉢栽培し恒例のブーゲンビレア祭りで販売する。20年ほど前にブーゲンビレアでの島おこしを目指した上地さんと、それに共感した同校が提携した。以後、上地さんらは毎年、生徒たちを指導している。上地さんは「花が咲かない時期にどれだけかわいがったかが大切。咲かなくても肥料と水をやり続けること。勉強や部活と同じだ」と話した。
 上地さんは植物ごとの開花の特徴を述べ、ブーゲンビレアの場合は日照時間が短くなることで咲くと説明した。実際に剪定しながら葉のそぎ落としを7割程度にとどめること、また日光が枝に当たるようそぐこと、枝切りは先ではなく分岐点の根元を切ることなどで、養分が開花に集中すると伝授。生徒たちは自分たちの鉢で実際に剪定した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25481-1.jpg
生徒に手入れ方法をアドバイスする上地さん(左)=13日、上野中学校テニスコート

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加