記事一覧

多良間女子が初優勝、南男子連覇 全宮古駅伝競走大会

 






2021/12/14 09時05分配信 - スポーツ -

 第71回上地伸栄旗全宮古男子・第14回立津工芸社旗全宮古女子駅伝競走大会(主催・市陸上競技協会)が12日、市陸上競技場スタート・ゴールで行われ、男子は8区間21㌔に13学区、女子は7区画13㌔に11学区が出場し、小学生から一般までの各地区代表がタスキをつなぎ健脚を競った。女子は多良間学区が初優勝、男子は南学区が2連覇を成し遂げた。
続き
 多良間女子のアンカーを務めたのは那覇高校3年の桃原久実。2位でタスキを受け取り、南学区を抜いて1位でゴールした。桃原は「去年も2位でタスキを受けたが1位になれず悔しい思いをした。高校を卒業して県外に行ってしまうとなかなか出場できないので、最後は絶対1位になろうと思い、皆の応援に支えられて粘り強く走ることができた。初優勝できて本当にうれしい」と喜んだ。
 南男子アンカーの与那覇礼夢(宮高2年)は「2連覇が最低限の目標と思っていた。個人的には10分を切るのが目標だったが、最後の坂と競技場に入ってから少し気を抜いてしまったので60点。来年は3連覇を目指し、自分ももっと納得のいく走りをしたい」と意気込みを語った。
 成績は次の通り。
【男子】優勝=南1時間12分40秒▽2位=鏡原1時間15分54秒▽3位=1時間16分29秒
【女子】優勝=多良間54分29秒▽2位=54分42秒▽3位=54分51秒
【男子区間賞】※2・4・5・6・8区は区間新記録▽1区=新垣朝大(佐良浜)5分4秒▽2区=新里颯一朗(久松)4分56秒▽3区=嘉手納琉弥(佐良浜)6分51秒▽4区=平戸凰雅(久松)10分41秒▽5区=瑞慶覧一星(南)15分28秒▽6区=前門孟紀(同)9分33秒▽7区=砂川健二(同)6分51秒▽8区=与那覇礼夢(同)10分
【女子区間賞】1区=原守実(東)3分27秒▽2区=砂川うた(西辺)3分49秒▽3区=砂川星(久松)=7分32秒▽4区=本村穂乃美(多良間)8分14秒▽5区=友利光(砂川)11分11秒▽6区=花城未来(西辺)7分50秒▽7区=松川穂羽(砂川)8分14秒

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25473-1.jpg
男子の部で優勝した南学区=12日、市陸上競技場

ファイル 25473-2.jpg
女子の部で優勝した多良間学区

ファイル 25473-3.jpg
男子の部、南学区アンカーの与那覇礼夢

ファイル 25473-4.jpg
女子の部、多良間学区アンカーの桃原久実

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加