記事一覧

2年ぶり女子大運動会 多彩な競技で交流

 






2021/12/01 09時01分配信 - スポーツ -

 第5回宮古島女子大運動会(主催・ぱんだる50cc)が11月28日、パイナガマ海空すこやか公園で2年ぶりに開催された。6チーム60人以上の女性たちが参加し、タイヤ回し競争やぐるぐるバットリレー、5色綱引きなど多彩な競技を楽しんだ。
続き
 同イベントは運動会を通して仲間との交流を図り、宮古島女子パワーを県内外に発信することを目的に開催されている。主催者によると、県内で初めて女性だけの運動会を開いたという。回を重ねるごとに参加者が増え300人を超える規模になっていたが、コロナ禍で2020年は開催できなかった。
 ぱんだる50ccは上里勝美さんと宮平恭子さんの2人組。上里さんは「参加人数は減ってしまったが、コロナを乗り越えて再会できたことが何よりうれしい。宮古島市を代表するイベントを目標にまた一からを育て、宮古の女性を盛り上げていきたい」と話した。
 競技は参加チームの代表などで話し合って決定。参加者らは開会式ではラジオ体操宮古島方言バージョンで体をほぐし、時折小雨が降る中、障害物リレーや人運びリレーなどで競いながら親睦を深めていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25420-1.jpg
タイヤ回しリレーなど多彩な競技を楽しんだ=11月28日、パイナガマ海空すこやか公園

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加