記事一覧

辺野古工事承認申請、県が不承認を発表

 






2021/11/26 09時04分配信 - 未分類 -

【那覇支局】玉城デニー知事は25日夕に県庁で会見し、米軍普天間飛行場代替施設の移設工事海域で軟弱地盤が見つかったため、国が県に求めていた埋立地の用途・設計変更の承認申請について、不承認にすると発表した。「国の承認申請は、公有水面埋立法に適合しない。環境保全や災害防止について配慮がなく、埋め立ての必要性についても合理性がない」と指摘。国は移設工事を止めるべきと訴えた。
続き
 県の不承認によって、国は移設工事を進める法的根拠を失った。「辺野古が唯一」とする国が移設計画を変更する可能性は低く、工事を進めるため県を相手に提訴する可能性が高い。
 不承認とした理由について、玉城知事は「設計変更の承認申請が行われたが、地盤の安定性について最も重要な地点の調査がない。災害防止に十分に配慮がない」と指摘。予定される地盤改良についても「必要な試験を実施しておらず、合理的な説明がない。災害防止に関する十分な検討を行っていない」と述べ、国の計画を非難した。
 玉城知事は移設予定海域に生息する可能性があるジュゴンについて、国が行った調査は不十分だと指摘。地盤改良工事による環境への影響についても「適切に情報が収集されていない」と述べ、環境保全対策も不十分だと指摘した。
 不承認によって移設期間が長引き、普天間の危険性除去が遅れるとの指摘に玉城知事は「1日も早い危険性の除去は基地を使わないことだ」と訴えた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25396-1.jpg
国の辺野古工事設計変更承認申請について「不承認」と発表する玉城知事=25日、県庁

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加