記事一覧

退避後も通報せず、陸自訓練の民間船沈没

 






2021/11/24 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島海上保安部は22日、高野漁港南の海岸でレジャー用の小型船が沈没したと発表した。船名は「あやなみ」で、同日陸上自衛隊宮古島駐屯地の自衛官が訓練のためにチャーターしていた。船長から118番通報はなく、海保の航空機がパトロール中に偶然発見したという。乗員にけがは無いが、宮古島海上保安部は航行中に船のトラブルがあった場合は速やかに118番通報するよう呼び掛けている。
続き
 海上で船の位置を測定する訓練のため、民間の船を借り上げて使用した。宮古島駐屯地によると、こうした訓練は日常的に行われているという。60代男性の船長と40代男性自衛官、60代男性の同乗者を乗せ午前10時ごろ高野漁港を出港。天候が悪化したため引き返そうとしたが、同漁港防波堤付近で燃料切れになり航行不能となった。「あやなみ」はいかりを下ろし、乗組員3人は船長が手配した漁船によって救助された。
 関係者によると航行不能になったのは午後3時から4時ごろという。船長らは海上保安部への118番通報を行わなかった。乗員の退避後船は流され、浅瀬に乗り上げた。
 同日午後5時5分ごろ、第11管区海上保安部石垣航空基地から「パトロール中の航空機が高野漁港付近の岩場に乗り上げているプレジャーボートを発見した」との通報があった。宮古島海上保安部は巡視船などを現場に派遣し確認したが、船は午後7時半ごろ沈没した。同部は流失防止のため船尾を固定した。
 23日午前6時49分ごろ、巡視艇なつづき乗組員が現場を調査したところ、「あやなみ」は甲板より上部が大破し、座礁していた。油の流出も確認された。事故原因などは調査中。
 同部は通報が早ければ沈没には至らなかった可能性があるとしている。小型船はいかりを下ろしても流されることがあるため、航行不能になった場合は、人命が救助されていたとしても速やかに118番通報するよう呼び掛けている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25389-1.jpg
高野漁港南で座礁した小型レジャー船=提供・宮古島海上保安部

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加