記事一覧

高度な再現、VR見学会 日建ハウジング

 






2021/11/24 09時02分配信 - 産業・経済 -

 市内でホテル開発事業を行ってきた日建ハウジング(眞保榮秀一社長、本社・那覇市)は10月から平良荷川取と下地上地で建売住宅「フォアレ宮古島」の販売を開始したが、オンラインによるVR見学会を導入し、高度な仮想現実による再現で完成後の建物内をイメージしやすく紹介している。専用サイトやQRコードからスマホやパソコンで閲覧できる。
続き
 同社は新型コロナの影響で接客が難しくなり、県外の移住希望者からの問い合わせもあるため、対面せず遠隔地でも住宅を紹介できるようにVRを作成。仮想現実の住宅内は各部屋に移動でき360度見渡せ、家具が配置されており、床や壁の色合いなども本物同様に再現しているという。
 同社不動産事業部の米盛元紀主任は「再現度の高いVRにより、そこで生活する自分をどれだけイメージしてもらえるか。今後はVR見学会が主流になっていくと思う。宮古の人にもぜひ見てほしい」とPRする。
 建売住宅は荷川取3棟、下地2棟(1件売約済み)で来年1月末頃に完成を予定している。問い合わせ先は同社(098・988・0417)。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25388-1.jpg
VR見学会で紹介している室内の画像(日建ハウジング提供)

ファイル 25388-2.jpg
QRコード

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加