記事一覧

新議長に上地廣敏氏、副議長は長崎富夫氏 市議会初議会

 






2021/11/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

 10月24日執行の選挙で選ばれた新しい市議会議員による初めての市議会臨時会が22日開かれ、議長に野党の上地廣敏氏、副議長に与党の長崎富夫氏を選出した。与党は議長候補擁立を見送り、野党は折り合いがつかず自民会派が上地氏、保守宮古未来会と公明党が下地信広氏を擁立。与党議員のほとんどが自民に同調し上地氏に投票。上地氏は過半数を獲得した。各常任委員会の委員長・副委員長を決定し、第6次補正予算案などの議案を審議、可決した。
続き
 座喜味一幸市長に対する不信任案を巡り生じた野党会派内の亀裂は修復されず、4人の自民会派が上地氏、6人の保守宮古未来会と2人の公明党が下地氏を擁立した。与党議員団10人のほとんどが自民と足並みを揃え上地氏に票を投じ、上地氏は14票を獲得した。下地氏は8票にとどまり、書き間違いにより下地信男氏に1票入った。中立会派2人は自主投票し、無効票が1票あった。
 副議長選挙では与党の長崎富夫氏が12票、野党の前里光健氏が10票を獲得。前里氏の得票は野党議員12人を下回り、ここでも野党内で足並みが乱れたと見られる。無効票は2票。
 自民会派の粟国恒弘代表は、本紙の取材に対し与党との共闘を否定。「議案ごとに議員個人が判断し、市民の役に立つものであれば賛成する」と、座喜味市政に是々非々の立場で臨むとした。議長候補が野党内で一本化できなかったことについては「市長不信任案に賛成した議員を議長にするわけにはいかない」と述べた。
 総務財政・文教社会・経済工務の3常任委員会の委員長選出を巡っては、与野党の駆け引きが続き話し合いでまとまらず、3委員会とも選挙で決定した。
 野党・中立が過半数を占める総務財政委と経済工務委では与党から下地茜氏、西里芳明氏が選ばれた。与野党が拮抗する文教社会委では選挙で決着がつかず、くじ引きで与党の上里樹氏に決まった。
 3委員会とも与党から委員長が選出されたことで、議決権を持つ委員は全て野党が過半数を占めることになった。与党議員は改選前から倍増したものの、厳しい議会運営が続くことが予想される。
 各委員会の委員長・副委員長・委員は次の通り(敬称略)。
 【議会運営委員会】▽委員長=山里雅彦▽副委員長=狩俣勝成▽委員=粟国恒弘、我如古三雄、狩俣政作、下地茜、平良和彦、長崎富夫、西里芳明、前里光健【総務財政委員会】▽委員長=下地茜▽副委員長=前里光健▽委員=粟国恒弘、下地信男、砂川和也、富浜靖雄、仲間誉人、山下誠【文教社会委員会】▽委員長=上里樹▽副委員長=狩俣政作▽委員=池城健、上地堅司、我如古三雄、久貝美奈子、下地信広、平良和彦【経済工務委員会】▽委員長=西里芳明▽副委員長=平良敏夫▽委員=上地廣敏、狩俣勝成、新里匠、友利光徳、長崎富夫、山里雅彦【予算決算委員会】▽委員長=下地茜▽副委員長=前里光健▽委員=全議員

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25380-1.jpg
上地廣敏議長

ファイル 25380-2.jpg
長崎富夫副議長

ファイル 25380-3.jpg
初の議会で議長選出の投票を行った=市議会本会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加