記事一覧

軽石、約10キロにわたり漂着 保良~長北海岸で確認

 






2021/11/21 09時05分配信 - 社会・一般 -

 小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火による軽石が20日、宮古島市でも確認された。保良漁港から長北海岸にかけて約10㌔にわたり漂着しているが、量は少なく漁業などには影響がないと見られる。宮古島海上保安部は漁業者などに近海で軽石を発見した際の情報提供を呼び掛けている。日時や範囲が海洋研究開発機構(JAMSTEC)の予測とほぼ一致しており、今後のさらなる漂着が懸念される。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25374-1.jpg
多くの軽石が漂着したクマザ海岸=城辺長間

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加