記事一覧

島尻・大神漁港に防護ネット 軽石発見、市長に報告

 






2021/11/20 09時04分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市は小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火による軽石問題に対応するため19日、ハブクラゲ侵入防止ネットの改修作業を行った。大神島へ生活必需品を運ぶ航路を守るため、島尻・大神漁港の港口に設置するもの。また、宮古島・伊良部・池間の3漁協組合は同日、漁業者が来間島の南20㌔ほどの海域に少量の軽石を発見したことを座喜味一幸市長に報告した。近日中に宮古島に漂着するとの予測もある中、市や関係者は警戒を続けている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25370-1.jpg
軽石対策でハブクラゲネットを改修する市職員=平良下里の先嶋建設多目的広場

ファイル 25370-2.jpg
宮古島・伊良部・池間漁協が軽石や潮流の情報を市長に報告した=市役所市長室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加