記事一覧

宮古先史人、DNA鑑定の結果、縄文人 国際研究チーム

 






2021/11/13 09時04分配信 - 教育 -

 ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心にした国際研究チームは10日、宮古島尻の長墓遺跡から出土した人骨のDNAを鑑定した結果、北方から移り渡って来た縄文人であることが分かったと発表した。従来宮古島の先史人は南方から渡って来た非縄文人とされており、定説が覆される可能性がある。一方で宮古島から南方系のシャコ貝製斧は発掘されるが、北方系の石器は一切出土しておらず、真相の解明には更なる研究が待たれる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25338-1.jpg
DNA鑑定から宮古先史人が北方由来の可能性が示された

ファイル 25338-2.jpg
宮古島の遺跡からは南方系のシャコ貝製の斧などが出土する=市総合博物館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加