記事一覧

横笛奏者研修はじまる 宮古民謡協会

 






2021/11/11 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 宮古民謡協会(砂川次郎会長)はこのほど、2021年度の「宮古島における沖縄横笛奏者養成研修」を開始した。沖縄本島で活躍する横笛奏者の宇保朝輝さんを講師に招き、初級・中級合わせ30人が受講。研修は全8回で、22年3月に発表会を予定している。
続き
 宮古島において新しい伝統文化として普及することを目的に、県文化振興会の補助を受けて実施している。初開催した20年に続き2年連続。6月開始予定だったが、緊急事態宣言の影響で延期されていた。
 初級コースに加え、20年度の受講生を中心に中級コースを設けた。初級では笛の取り扱いや音の出し方、中級では「月ぬ美しゃ」などの演奏を指導した。
 初級の参加者は「とても楽しみにしていたので、開講が待ち遠しかった。受講できてうれしい」と話した。初日の6日には宇保朝輝研究所の松川享平さんの模範演奏もあり、受講生は美しい音色に聞き入っていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25329-1.jpg
沖縄横笛奏者の養成研修が始まった=6日、下崎公民館(提供・宮古民謡保存協会)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加