記事一覧

成人式2年連続で中止、宮古島市教育委員会発表 SNSで情報発信を

 






2021/11/11 09時05分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市教育委員会(大城裕子教育長)は10日、市役所で会見を開き、例年1月5日に開催している「宮古島市成人式典」を2022年は中止すると発表した。現在は収束状態にある市内での新型コロナの感染状況が今後どうなるか見通せないためで、21年に続き2年連続の中止となる。21年と同様に新成人に1万円の祝い金を給付するほか、各地区などで自主的に行う成人式を支援する方針。また、SNS上で市民からメッセージなどを募る企画を予定している。
続き
 成人式が2年連続中止となることについて大城教育長は「成人を迎える皆さんを心から祝福する場を設けたかったため、とても残念。コロナが再拡大したらと考えると、現時点では難しいと判断した」と述べた。
 公式の成人式が中止となった21年は、市内各地で学区ごとに自主的な成人式が行われた。学校の体育館を会場とするところが多かったが、未来創造センターなどを使用する場合もあった。コロナ禍初期だったこともあり、会場の貸し出し可否を巡り一部に混乱があったという。
 市教委は、22年では各地区の実行委員会などが自主的に行う式典を全面的に支援する方針。公共施設使用料を無料にするほか、会場や時間の調整、連絡先などの情報周知に協力する。
 また新成人を祝福するため、共通ハッシュタグ「#宮古島市成人式2022」を用いてツイッターやインスタグラムなどで市民から広くメッセージを募ることを企画している。
 大城教育長は「SNSが使えない高齢者の方などからは、メッセージを預かり市が投稿する。帰省できずに宮古と離れていても、一体感を感じられるようにしたい」と構想を語った。
 GIGAスクール構想で配布されたタブレット端末を活用し、市内の学校にも教職員や児童生徒のメッセージ動画作成を依頼する方針という。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25327-1.jpg
成人式の2年連続中止を発表した大城教育長=市役所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加