記事一覧

伊良部島こども園 建設予定地に保護者の同意得られず暗礁

 






2021/10/13 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は10日、伊良部公民館で「伊良部島こども園(仮称)結の橋こども園」建設に関して保護者説明会を開いた。佐良浜地区と伊良部地区の中間で伊良部島の中央に位置する伊良部公民館沿いに建築する計画だったが、保護者から安全性を疑問視する声や佐良浜地区にある結の橋学園近くを希望する声など異論が相次ぎ、同意が得られなかった。市は2023年4月開園を目指していたが、19年から進めてきた計画が建設直前で暗礁に乗り上げた。
続き
 市は伊良部こども園、佐良浜保育所、佐良浜幼稚園を統合し「伊良部島こども園」を新設することを計画、19年3月に基本計画を策定した。当初から伊良部地区と佐良浜地区の中間地点である伊良部島中央部で建設する構想で、設計や交付金を活用した財源確保などを進めてきた。
 今年3月の市議会定例会に提出した21年度一般会計当初予算に、整備費として6億4204万円を計上。予算は可決されたものの、一部住民から建設場所の見直しを求められた。
 これを受け、4月と6月に各園の保護者代表と意見交換会を行った。コロナ禍で延期になっていた全体説明会を10日に開催したところ、島中央部での建設に反対する意見が多数で、同意が得られなかった。
 久貝順一子ども未来課長は「基本計画の策定から地域住民の意見を取り入れて進めてきたが、佐良浜地区に結の橋学園が開校してから2年経ち、住民の気持ちに変化が生じてしまったかもしれない」と話した。
 19年4月に開講した小中一貫校の結の橋学園も、当初はこども園と同じく伊良部島中央部に建設する計画だった。建設予定地の約7割を所有していた地主が市と仮契約を結んだ後に土地を県外企業に売却してしまったため、佐良浜地区に変更した経緯がある。
 市は現計画で説得し同意を得るか、計画を見直すかの難しい判断を迫られることになった。建築場所を変更した場合23年4月の開園は絶望的で、確保した補助金の流用も困難だ。
 座喜味市長は「説明会では色々な意見が出た。これまでの説明が不足していたかもしれない。私自身の政策との兼ね合いも含めて対応を検討したい」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25189-1.jpg
伊良部島こども園の建設予定地付近(正面の建物は伊良部公民館)=伊良部前里添

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加