記事一覧

宮古病院に弁当券 下地島空港施設

 






2021/10/09 09時03分配信 - 社会・一般 -

 下地島空港施設の国仲政人代表、島尻明男常務、友利洋子総務課長の3人は8日、宮古病院を訪れ同社運営のレストラン「さしば」の弁当無料券577枚を寄贈した。施設職員を含む同病院職員全員分を届け、同病院から本永英治院長とメンタルヘルスチームによる感謝状がお礼に贈られた。
続き
 新型コロナウイルス新規陽性者数が現在は減少傾向にあることから、コロナ禍で医療がひっ迫する中、奮闘してきた職員に改めて感謝を示すため寄贈を決めた。国仲代表は「2年もの間、毎日のようにコロナ報道に触れながら、何かできることはないかと考えていた。皆さんの努力で宮古は守られているとつくづく実感している」と語った。
 同病院では感染症対策による職員の行動制限が長期に及んでいることから、精神的負担をケアするためメンタルサポートチームを強化し、職員による写真コンテストやリモート音楽祭などの「お楽しみ企画」を実施している。弁当寄贈への感謝状もチームで作成した。本永院長は「温かい心づかいに感謝する。皆さんの思いやりを後押しに職員で一致団結して頑張っていきたい」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25175-1.jpg
寄贈式を終え記念撮影を行う(右から)友利課長、島尻常務、国仲代表、本永院長、宮古病院メンタルサポートチームの皆さん=宮古病院

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加