記事一覧

総合計画基本構想見直し 審議会が市長答申

 






2021/10/05 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市総合計画審議会(下地芳郎会長)は4日、市役所で座喜味一幸市長に第2次宮古島市総合計画の基本構想見直しを答申し、宮古島市の豊かな自然環境や景観の保全と各産業の振興を両立するよう要望した。総合計画は2017年度から26年度までの10年間を対象とし、島づくりの基本理念や目標、施策を策定。22年度から5年間の後期計画策定のため基本構想の見直しを行った。座喜味市長と下地会長は、コロナ禍での観光客激減といった外的要因に左右されにくい経済発展の在り方についても意見を交わした。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 25152-1.jpg
下地会長(左)が座喜味市長に第2次宮古島市総合計画の基本構想を答申した=市役所応接室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加