記事一覧

宮古保健所「選挙クラスターに注意」 宮古島市議選に向け

 






2021/09/17 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 宮古保健所(木村太一所長)は、任期満了に伴い実施される宮古島市議会議員選挙の選挙戦で「選挙クラスター」が発生しないよう、大規模な集会や飲食を伴う会合を行わないよう注意を呼び掛けている。同選挙は10月17日告示、同24日投開票。
続き
 8月には座喜味一幸市長が「世界最悪の感染地域」と表現するほど、デルタ株に置き換わった新型コロナの感染拡大が起きた。16日の新規陽性者はゼロとなるなど、感染は収束傾向にある。県によると、県全体で新規陽性者は減少しているが、特に宮古、八重山で急速に減っているという。
 木村所長は、10月に行われる市議選で感染を再拡大させないことが重要とし「感染拡大は活動が活発な若年層から始まるのが一般的だが、1月の拡大時は年齢層が50代、60代と高かった。選挙活動に熱心な世代で広まったと推測される」と話した。
 また、デルタ株の感染力は従来型の約4倍高く、これまでコロナにかかりにくいとされてきた子どもへの感染が拡大したことが特徴とし、家庭内だけでなく、学校や塾、学童保育でも感染対策の徹底が必要と強調した。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加