記事一覧

市内ビーチ行楽客まばら 路上駐車は変わらず

 






2021/08/29 09時03分配信 - 社会・一般 -

 8月最後の週末となった28日、市内のビーチではこれまでと様相が変わり人影は減り普段のにぎわいが見られなかった。市内の新型コロナウイルス感染拡大を受け市が閉鎖した一部ビーチの駐車場では路上駐車は変わらず見られたものの、行楽客数は減少している様子だった。市の担当者は改めて観光客に緊急事態宣言下の来島自粛を訴えた。
続き
 この日の正午過ぎ、チェーンで閉鎖された前浜ビーチ駐車場では路上駐車の列が見られた。列は10台ほどで全てレンタカーだったが、同港桟橋も閉鎖されビーチににぎわいは見られなかった。50代の男女2人組は「感染対策を徹底した上で来たが、ここまで閉鎖されると肩身が狭い」と語った。
 渡口の浜では路上駐車は20台ほど、そのうちレンタカーは約半数だった。週末を利用し県外から訪れたという40代会社員の男性は「宮古はよく来るが、ここの路上駐車は封鎖前も同じ状況では」と話した。
 城辺の新城ビーチも人影がまばらだった。マリングッズのレンタル店の店員は「客が少ないので暇で困る」とつぶやいた。同店オーナーは「常連から『来島を延期する。今はとても行くことができる雰囲気じゃない』との声が多い。市長も『来ないで』と言っているし、そうならざるを得ない」と語った。
 市観光商工課の担当者は「市が来島自粛を求めている以上、施設閉鎖はご理解いただくしかない。自粛に応じる市民や来島を我慢してくれている人々の気持ちを、来島者にはどうか考えてもらいたい」と語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24992-1.jpg
市内のビーチは数日前と比べ行楽客が減っていた=28日、新城海岸

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加