記事一覧

オンライン空手形試合 多良間と本土結び技競う

 






2021/04/30 09時01分配信 - スポーツ -

 【多良間】多良間村と本土の空手道場がインターネットを通じて競技を行う第1回さくらカップオンライン形試合がこのほど、同村コミュニティー施設などで開催された。同村の日本虎風館(佐久本宏実代表)をはじめ4道場の幼稚園児から中学生が出場し、スクリーンに映し出された対戦相手と日ごろ鍛えた技を競い合った。
続き
 コロナ禍でなかなか空手の大会が開催されない中、新しい時代の試みとして4道場の親善や今後の公式戦に備えることを目的に行われた。虎風館、伊良部島出身の宮國淳さんが代表を務める神奈川県の尚徳館、静岡県の山の手道場、東京都のTEAM座KARATEが参加した。
 TEAM座KARATE代表の小笠原大晃さんは「新型コロナウイルスの影響で大会が無くなるだけでなく、モチベーションが上がらず空手をやめてしまう子どももいる。目標を持ち、日々の成果を発揮できる場所を作ろうと宮國さんと立ち上げたのがオンライン形試合。空手界のため、未来ある子どもたちのためにオンライン大会を定期的に開き、ゆくゆくは全国、世界へと広げていきたい」と話した。
 日本虎風館出場者の結果は次の通り。
 【幼稚園の部】準優勝=佐久本アムナ【小学1・2年の部】優勝=柳岡うらら▽準優勝=山城春留【中学生の部】優勝=知念夏海▽準優勝=佐和田稀央

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24447-1.jpg
大型スクリーンの映像で試合が行われたオンライン大会=25日、多良間村コミュニティー施設(宮古空手道連盟提供写真)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加