記事一覧

ゴタス、ロビーを香りで演出 下地島空港にも提供

 






2021/04/09 09時02分配信 - 産業・経済 -

 那覇市に本社を構えるゴタス(富田唯代表)は音響や照明のように香りを設備として扱い、利用者の記憶に鮮明に残る空間演出サービスを手掛けている。2009年4月の創業以来、沖縄のリゾートホテルを中心に全国で160を超える施設で香りの演出を展開する。
続き
 宮古島市ではシギラリゾートのアラマンダやブリーズベイマリーナ、沖縄UDSが運営するホテルローカスやザ・リスケープなどのホテルや結婚式場にサービスを提供。1日から下地島空港到着ゲートにも沖縄をイメージした香りを導入した。
 富田代表は「ドアをくぐった瞬間に、非日常の世界に入ったという印象を与えられる。ホテルのデザインをそのまま香りに落とし込むことを大切に、コンセプトや建材によって香りを調整している」と話す。
 ホテルローカスは活発なアクティビティを楽しむ観光地、アラマンダはゆったりと落ち着く空間といったイメージで香りを作るという。
 アラマンダやローカスなど、ロビーと同じ香りのオイルなどを販売しているホテルもある。ローカスの職員は「コロナ禍で観光に来られない県外の方が宮古を懐かしんで注文するケースもある。地元市民が買っていくことも多い」と話した。
 富田代表は「ホテルのレストランなどを利用し、宮古の人にも香りの演出を体験してもらえれば」と呼び掛けた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24352-1.jpg
ロビーと同じ香りのアロマオイル商品

ファイル 24352-2.jpg
ロビーと同じ香りのアロマオイル商品を手にする職員=ホテルローカス

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加