記事一覧

15校596人が入学 宮古地区小学校

 






2021/04/09 09時03分配信 - 教育 -

 宮古地区15小学校で8日、一斉に2021年度入学式が行われた。昨年の入学式は新型コロナウイルス感染拡大の影響による休校措置で1カ月以降遅れとなり、今年は2年ぶりの4月実施となった。新1年生は宮古島市592人、多良間村4人の計596人。各校では出席者を保護者らに限定するなど「3密」を避け、手指消毒や検温など感染防止対策を徹底するとともに、実施時間を短縮するなどして対応した。コロナ禍での小学校生活スタートに子どもたちは緊張した様子だったが、晴れの門出に笑顔を見せた。
続き
 昨年の入学式は例年同様4月8日ごろを予定していたが、新型コロナ感染拡大影響を受けた緊急事態宣言で2度にわたって学校休業措置が実施され、5月18日の学校再開まで大幅に延期される事態となった。
 宮古島市では、今年に入って1月下旬を中心に感染が急拡大したが、2月4日以降は発生ゼロが続き、1日当たりの新規感染者も3人以下で推移するなど低い状況となっている。
 このような中、各学校では卒業式に続いて入学式も実施する方向で感染対策や式典規模縮小について父母らに呼び掛けるなどして準備を進めてきた。
 8日の入学式は各校とも体育館で実施。入場の花道や舞台に横断幕を設置して新1年生を出迎えた。式典では保護者らの温かい手拍子で緊張した表情の新入児童らが入場。各学校長が児童を歓迎するとともに、学校生活での心構えなどを示し、激励した。
【平一】
 宮古地区の各学校は7日に始業式と中学校及び高校の入学式が行われた。コロナ禍という厳しい状況で感染防止対策など「新しい生活様式」が求められる中、児童生徒の新たな学校生活がスタートした。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24351-1.jpg
入学式で緊張した表情で入場する新1年生=平一小学校体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加