記事一覧

サンゴの被度率1.3%増加、海中公園環境整備専門委で確認

 






2021/03/27 09時02分配信 - 社会・一般 -

 2020年度宮古島市海中公園環境整備専門委員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授)が26日、市役所で開かれ、市海中公園周辺のサンゴ再生への取り組みに関しての報告や今後の提言などが行われた。サンゴは2020年の調査では2019年と比べて1・3%増加した。サンゴは増加したが、更なる環境整備や移植などを検討し、一層の増加を目指すとした。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24292-1.jpg
海中公園周辺のサンゴ(提供写真)

ファイル 24292-2.jpg
会議を行う宮古島市海中公園環境整備検討委員会の人たち=市役所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加