記事一覧

野党が新年度予算修正 キビ支援金減額可決

 






2021/03/26 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の3月定例会は25日の最終本会議で、2021年度一般会計当初予算案について野党提出の修正案を賛成多数で可決した。座喜味一幸市長が提出した総額378億9400万円の原案について、新規重点施策として掲げたサトウキビ収穫管理支援事業費1億5300万円を削減し、377億4100万円に修正した。当初予算案を修正するのは異例のことで、野党側は圧倒的多数を背景に削減を強行することで、あらためて座喜味市政との対立姿勢を鮮明にした形だ。また、伊川秀樹氏(60)を副市長に選任する同意案、市長給料減額の特例条例も野党の反対多数で否決した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24287-1.jpg
一般会計当初予算の修正案採決で賛成に挙手する野党議員ら=市議会本会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加