記事一覧

ナウレがW受賞 持続可能で環境に優しいと評価

 






2021/02/18 09時02分配信 - 産業・経済 -

 池間島のテリハボク種子から作ったタマヌオイルの化粧品を製造・販売するヤラブの木(三輪智子代表)のスキンケアブランド「naure(ナウレ)」がこのほど、ソーシャルプロダクツ・アワード2021のソーシャルプロダクツ賞、サスティナブルコスメアワード2020の審査員賞を受賞した。両賞とも持続可能な社会の実現につながり、人や環境に優しい商品などを表彰する。同社の受賞は今回が初めて。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24126-1.jpg
2つの賞を受賞した「naure(ナウレ)」(写真提供ヤラブの木)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加