記事一覧

市のコロナ対策、家賃支援など12事業予定

 






2021/02/18 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市(座喜味一幸市長)は、新型コロナウイルスの経済対策について、2020年度一般会計3月補正予算で政府の地方創生臨時交付金事業費約3億9千万円、財政調整基金繰入金2億円などで約6億円の計上を予定していることに関連し、時短要請協力金や家賃支援助成金など12事業を予定している。16日の21年度当初予算発表で明らかにした。事業ごとの予算額は未定だが、経済界関係者との意見交換などを踏まえ、幅広い業種を支援する方針を示している。20年度の経済関連対策総額は3月補正も含めて臨時交付金と一般財源合計で18億5千万円規模となる見通しだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 24124-1.jpg
宮古島市は3月補正で新型コロナ対策費6億円を予定している=市役所外観(資料)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加