記事一覧

都市計画マスタープラン、市民意見募集

 






2021/01/09 09時03分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は8日、今年3月に改定する都市計画マスタープランについて市民意見(パブリックコメント)の募集をはじめた。25日まで。応募資格は、市内に住民のある市民や事務所・事業所の所有者及び法人、団体など。計画の閲覧などは市ホームページ及び市建設部都市計画(市役所3階)。
続き
 都市計画マスタープランは同市の第2次総合計画策定や都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)改定、さらには急増する入域観光客数など、まちづくりの環境や社会情勢変化に対応するため、新たな街づくりを定めるもの。現在、策定委員会で作業が進められている。
 プランは全体構想で都市づくりの将来像を「みんなで創る 我(ばん)たが美(か)ぎ島(すま)・宮古(みゃーく)~夢と希望に満ちた 結の島」とし、理念を「共生、定住、交流、発展」の4つの持続可能な島づくりを位置づけ、都市整備の方針を定める。
 地域の特性や抱える課題に応じ、具体的、詳細なまちづくりの方向性を明らかにするため、新たに「地域別構想」を策定する。平良と、地域特性が類似する下地・上野・城辺、伊良部の3地域区分とし、将来像と目標、方針を示す。
 重点的に推進するプロジェクトは▽新庁舎周辺街づくり▽伊良部地域都市づくり▽用途地域の指定活用による計画的な土地利用誘導▽景観計画充実による美ぎ島・宮古の魅力向上―の4項目となっている。
 意見提出の方法は郵送、ファクシミリ、電子メール、持参の4通り。意見用紙はホームページからダウンロードできるほか、閲覧場所にも設置。問い合わせは都市計画課(73・4585)。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加