記事一覧

飲食店の時短要請、宮古島市も対象に

 






2021/01/09 09時05分配信 - 政治・行政 -

 沖縄県は8日午後、県庁で新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、那覇市など5市に要請している営業時間の短縮を12~31日までの20日間再延長した上で、飲食店などでの感染が相次いでいる宮古島市と石垣市を対象に加えることを決めた。また、政府の緊急事態宣言を踏まえた県の対応について、東京など1都3県との不要不急の往来を自粛するよう求めた。玉城デニー知事が会見で発表した。
続き
 県は居酒屋やレストランなどの飲食店、スナックやキャバレーなどの遊興施設に午前5時から午後10時までの営業とするよう、那覇市、浦添市、沖縄市に12月17日、同25日から名護市、宜野湾市に同25日からいずれも今月11日までの時短を要請していた。県の要請に応じた店舗には一律80万円を給付する。
 政府が8日から緊急事態宣言を出した東京、千葉、埼玉、神奈川は外出自粛が政府から要請されたことを踏まえ、知事は沖縄との不要不急の往来を自粛するよう呼びかけた。また、引き続き離島間の移動を最小限にするよう求めた。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加