記事一覧

強い寒気流れ込む 朝の予想最低気温11度

 






2021/01/08 09時03分配信 - 科学・環境 -

 気象台によると宮古島地方は8日にかけて冬型の気圧配置が強まり、9日にかけて強い寒気が流れ込む見込み。8日は朝の最低気温が11度、日中の最高気温は13度が予想されている。北の風が強く吹き、沿岸の海域では大しけとなるおそれがあり、強風やうねりを伴う高波に注意を呼びかけている。
続き
 しけの状態は9日にかけて続く見込み。8日の予想される波の高さは5㍍。また予想される最大風速は北の風17㍍(最大瞬間風速30㍍)。
 7日は大陸高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で雨が降り、北の風が強く吹いた。昼前から気温が下がり、最低気温(午後5時現在)は宮古空港で12・6度、平良下里で12・8度、下地島空港で13・2度、多良間空港で13・2度となった。最大瞬間風速(同)は下地島空港で21・1㍍、宮古空港で19・0㍍、平良下里で18・1㍍、多良間空港で18・0㍍が観測された。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23938-1.jpg
冬型の気圧配置が強まり、しけとなった海=平良トゥリバー地区

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加