記事一覧

小中学校3学期はじまる

 






2021/01/07 09時01分配信 - 教育 -

 冬休みが明けた6日、市内小中学校で3学期が始まった。学年の締めくくりとなる学期だが、昨年度は新型コロナウイルスの影響で、入学式、始業式の約1カ月間の延期に始まり、臨時休校や夏休み短縮、多くの行事の縮小、中止のほか、一部校での修学旅行先変更など、これまでにない多くの困難に見舞われた。児童生徒は、始業式に出席し進級、進学、受験に向けた最後の短い学期の始まりに気持ちを新たにした。
続き
 北中学校では久高三彦校長は「約2カ月の短い学期だが、次の学年になる前の総決算の時期となる。ここで学んで良かったこと、経験して良かったことを総括し、次のステップに進むための自信を得る期間にしよう」とあいさつし、「特に3年生は、高校受験が間もなく来る。はじめての試練だが、自分の壁を乗り越え将来に向かって全力で取り組んで欲しい」と激励した。
 根間蒼葉さん(3年)は「コロナで親戚付き合いは無理かと思っていたけど、お盆の頃よりは少しできて楽しかった。受験勉強も冬休みの間にようやく弾みがつきだした。これから頑張れると思う」と語った。
 サッカー部の洲鎌悠起也さん(2年)は「休みが短かったので、学校が始まるのはいやだったけど、部活は楽しみ。もうすぐ3年生なので練習を頑張りたい」と笑顔で話した。
 市教育委員会学校教育課によると、臨時休校による授業時間数の不足は、夏休み短縮と補習など各校の努力により補われており、現在、不足分は解消済みという。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23935-1.jpg
新たな気持ちで始業式に参加した生徒たち=北中学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加