記事一覧

沖糖が操業開始 質・量ともに豊作期待

 






2021/01/06 09時02分配信 - 産業・経済 -

 沖縄製糖宮古工場は5日、2020/21年期サトウキビ製糖操業を開始した。初日の平均甘蔗糖度は14・46度、9割近くが基準糖度帯(13・1~14・3度)以上となり、高品質でのスタートなった。原料搬入量も前期を上回ることが見込まれ、質・量ともに豊作型が期待されている。悪天候でハーベスターの稼働が低下しているため6日までは原料搬入のみとなり、7日から圧搾を予定している。沖糖の開始により宮古地区の全製糖工場が操業に入った。地区全体の原料搬入量は約32万2000㌧が見込まれている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23929-1.jpg
クレーンで運ばれる搬入された原料のサトウキビ=沖縄製糖宮古工場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加