記事一覧

平良庁舎あす閉庁、跡利用は「売却か賃貸」検討

 






2020/12/27 09時05分配信 - 政治・行政 -

 旧平良市役所として建設された宮古島市役所平良庁舎があす28日、閉庁する。来年1月4日から新総合庁舎での業務がはじまる。同市は平良庁舎の跡利用について民間への売却及び賃貸を含めて検討を進める方針だ。同市は28日午後、閉庁式を実施する予定。
続き
 閉庁後は、市長選及び市議補選の選挙事務や期日前投票などで使用する。その後は無人となるため、巡回警備で管理する。利活用のため建物や地価調査などを実施。2021年度から早期に跡利用を決定したい考えを示している。
 このほかの各庁舎については、21年4月から支所機能を出張所とし、現在の庁舎から下地福祉保健センター、上野公民館、伊良部公民館にそれぞれ移転し、城辺は庁舎に出張所を残す。その後の個別計画では、下地庁舎は22年度までに売却または賃貸、上野、伊良部両庁舎は移転後に解体、城辺は出張所以外を民間での利活用を検討する。旧宮古支庁の平良第2庁舎は解体した上で、跡地利用を検討するとしている。
 21年度で地価調査結果や不動産鑑定を進めた上で委員会を設置し、個別の具体的な計画を策定し、実施する方針を示している。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23909-1.jpg
28日の業務で閉庁する市役所平良庁舎=平良西里

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加