記事一覧

宮糖城辺が製糖開始 初日糖度は14.12度

 






2020/12/25 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖城辺工場は24日、2020/21年期サトウキビ製糖操業を開始した。サトウキビの糖度が高いことなどから3期ぶりの年内操業となった。悪天候のためハーベスターが稼働できず、初日は手刈り原料の搬入のみとなり圧搾は順延した。原料が十分に集まり次第圧搾を行っていく。平均甘蔗糖度は14・12度、原料の8割以上が基準糖度帯(13・1~14・3度)以上と好スタートを切った。今期は台風など自然災害による大きな被害が少なく豊作型が期待され、原料搬入量は10万3千㌧を見込んでいる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23901-1.jpg
製糖開始式でサトウキビを投入する渡久山社長(左から3人目)と関係者たち=宮古製糖城辺工場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加