記事一覧

FC琉球の上里選手が児童にサッカー教室

 






2020/12/24 09時03分配信 - スポーツ -

 プロサッカーチームFC琉球は23日、市多目的前福運動場で小学5、6年生が対象の「地域貢献サッカースクール」を開催した。宮古島出身の上里一将主将、知念哲矢選手、上原慎也選手の3人がコーチを務め、児童らに技術向上のコツなどを教えた=写真=。
続き
 上里主将は「今日は皆とサッカーをして楽しく過ごせたらなと思う」とあいさつ。児童らは拍手で迎えた。フロントスタッフの西川翔吾さんは「現役Jリーガーとじかに触れ合うことで、将来の夢や目標の手助けになれたらいいと思う。頑張ろう」と話した。
 児童らはボールを3人から守るゲームに挑戦。全力でドリブルするも制限時間3分以内に全て奪われていた。その後、選手らは奪われにくいドリブルのコツを実演し、児童らはプロの迫力あるプレーに夢中で見入っていた。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加