記事一覧

座喜味氏が政策発表、「市民に開かれた市政へ」

 






2020/12/20 09時04分配信 - 政治・行政 -

 2021年1月の宮古島市長選挙で、一部保守系とオール沖縄・革新系の市政刷新勢力が擁立した新人で前県議の座喜味一幸氏(70)が19日、新型コロナウイルス対策や市政刷新などを重点に「市民の命と暮らしを第一に。市民不在の行政から市民に開かれた市政へ」を基本理念に、「現場主義、市民ファーストを貫きたい」と決意を述べ、10項目の政策を発表した。座喜味氏は今選挙について「継続か刷新か。争点はそれに尽きる」と語った。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23879-1.jpg
市長選に向けて政策発表する座喜味氏(中央)=平良西里の座喜味一幸氏後援会事務所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加