記事一覧

移住体験モニターツアー、2人の移住が決定

 






2020/12/20 09時05分配信 - 政治・行政 -

 保育士限定移住体験モニターツアーの参加者らは19日、平良庁舎1階ロビーに下地敏彦市長を訪ね、ツアー最終日の報告をした。ツアーは市の慢性的な保育士不足の解消に向け、移住を希望し働く意欲のある保育士を島外から募集することが目的。市法人保育園連盟(金谷福代会長)が主催し、今年は10月、12月と2回開催された。それぞれ定員5人、10人の計15人の募集に対し60人の応募があり、10月のツアーでは2人の移住が決まるなど成果を上げている。下地市長は参加者らに今後はさらに福祉などのソフト面に力を入れると説明した上で感謝し、今後の移住を勧めた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23878-1.jpg
下地市長(後列右から4人目)を囲む保育士ツアー参加者と金谷会長(同右端)ら関係者=平良庁舎1階ロビー

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加