記事一覧

都市計画プラン、市民意見募集へ

 






2020/12/18 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市の新たな街づくりを描く都市計画マスタープラン策定委員会(委員長・池田孝之琉球大名誉教授)の第2回委員会が17日午後、未来創造センター中央公民館多目的ホールで開かれ、委員らが意見交換した。年明け1月にはパブリックコメント(市民意見)を募集し、2月に作業部会及び第3回委員会を経て3月に取りまとめ、公表する。
続き
 改定されるプランは、全体構想で都市づくりの将来像を「みんなで創る 我(ばん)たが美(か)ぎ島(すま)・宮古(みゃーく)~夢と希望に満ちた 結の島」と設定し、理念を「共生、定住、交流、発展」の4つの持続可能な島づくりを位置づけている。また、都市整備の方針を定める。
 さらに地域の特性や抱える課題に応じ、具体的、詳細なまちづくりの方向性を明らかにするため、新たに地域別構想を策定する。平良と、地域特性が類似する下地・上野・城辺、伊良部の3地域区分とし、将来像と目標、方針を示す。
 全体的な計画実現に向けた今後の取り組みは、エコアイランド実現・都市計画による一体的な都市づくりの推進、施策の進行管理と計画見直し、市民参加の促進と位置づけた。重点推進プロジェクトを▽新庁舎周辺街づくりの推進▽伊良部地域の都市づくり推進▽用途地域の指定活用による計画的な土地利用の誘導▽景観計画充実による美ぎ島・宮古の魅力向上―の4項目としている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23871-1.jpg
全体構想などの説明と意見交換が行われた都市計画マスタープラン策定委員会=未来創造センター多目的ホール

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加