記事一覧

盛加の道路拡幅工事を要請

 






2020/12/18 09時03分配信 - 政治・行政 -

 盛加自治会(平良鏡原)の川上文子会長らは17日、市平良庁舎を訪ね市道「盛加1号線(幅員4㍍弱、延長約150㍍)」及び周辺道路の拡幅整備などを要請した。長濱政治副市長が要請文と住民署名を受け取り、実現に向け国へ要求することを約束した。鏡原出身の前里光健市議も同席した。
続き
 この要請は2016年に続く2回目の要請となる。初回は「現時点では整備計画はない」との回答だったが、アパートなど土地利用が進み交通量が増えたことから再要請した。要請事項は▽同市道拡幅整備▽県道78号線盛加入口から県道243号線までの歩道、測溝付き道路整備―の2点。
 要請文によると、同市道含む周辺道路は40年以上未整備で、90度カーブが多いため見通しが悪いほか、大型トラックの通行量が多く通行の際に歩行者が道路脇の畑に寄る必要があるという。児童生徒の通学路でもあり、火災発生時に緊急車両が通行できなかったなど危険な状態とした。
 川上代表は「自治会の総意として地方自治法124条により改めて要請する」と述べた。長濱副市長は「予算には限りがあり順番待ちになる」と答え、「21年度予算は間に合わないが、最短で22年度に概略設定、23年度に概算要望、24年度に詳細設定を行う」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23870-1.jpg
要請文を手渡す川上会長(手前右)ら会員と受け取る長濱副市長(同中)=平良庁舎応接室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加