記事一覧

人権週間がスタート、街頭啓発活動で理解求める

 






2020/12/05 09時04分配信 - 社会・一般 -

 2020年人権週間が4日から始まり、那覇地方法務局宮古島支局(比嘉榮一支局長)と宮古島人権擁護委員協議会(川満忍会長)はスーパーマーケットなどで街頭啓発活動を行った。買い物に訪れた市民にマスク付きのリーフレットなどを配付し、週間をピーアールした。10日までの期間中、全国一斉特設人権相談や人権パネル展などを行っていく。
続き
 街頭啓発活動は宮古島市7カ所、多良間村1カ所で行われ、このうちAコープ上野店では午前11時から、上野地区人権擁護委員の黒島由美子さんらが活動を行い、今年は新型コロナウイルス感染症への差別や偏見、いじめなど人権侵害に関する相談や人権擁護委員の活動などを紹介するリーフレット、女性の人権ホットラインのカードをマスクやトートバッグ、タオルと一緒に配り、買い物に訪れた住民に人権週間への理解を求めた。
 全国一斉特設人権相談は8日午後2時~4時に多良間村コミュニティセンター、9日午後1時半~4時に宮古島市役所で行われる。人権パネルの展示は4日~10日、同市役所ロビーで行われている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23811-1.jpg
買い物客に人権週間のリーフレットなどを配る黒島さん(左)=Aコープ上野店

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加