記事一覧

宮糖伊良部が操業開始、平均糖度は14・76度

 






2020/12/02 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖伊良部工場(川満則亮工場長)は1日、2020/21年期サトウキビ製糖操業を開始した。今年のサトウキビは台風等の自然災害による被害が少なく、生育期を通して適時に降雨があるなど気象条件に恵まれ、同工場では前期を大きく上回る生産量6万5000㌧を見込んでいる。初日は平均甘蔗糖度14・76度、原料の9割以上が基準糖度帯(13・1~14・3度)以上と高品質でのスタートとなった。2日には宮糖多良間工場、宮糖城辺工場は来年1月4日の週で調整中、沖縄製糖宮古工場は1月5日に操業を開始する。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23795-1.jpg
製糖操業開始式でサトウキビを投入する渡久山社長(左から3人目)ら関係者=宮古製糖伊良部工場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加