記事一覧

宮古島市基準地価格が57%上昇

 






2020/11/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

 県企画部は27日、3年ごとの固定資産税評価替えに伴う2021年度基準地価格の土地の評価額見直しについて、同日付で県固定資産評価審議会(高平光一会長)から諮問通りに適正との答申があったと発表した。前回(18年度)との変動率は県全体の単純平均で宅地が18・9%上昇した。一方、田、畑、山林はほぼ変動しなかった。宮古島市は宅地が前回の1平方㍍当たり5万8800円から9万2400円となり、変動率は57・1%上昇した。多良間村は5060円から6・5%下降の4730円だった。畑は10㌃当たりで宮古島が4万1700円、多良間が4万1300円でいずれも変動はなかった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加