記事一覧

多良間で重要無形文化財保持者公演

 






2020/11/26 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 【多良間】国の重要無形文化財「組踊」「琉球舞踊」の保持者等による公演(主催・県文化振興会、共催・多良間村教育委員会など)がこのほど、同村字塩川のピトゥマタ御願所で行われた。多良間と縁のある平敷屋朝敏作の組踊「手水の縁」などで保持者たちが至芸を披露。多良間中学校の生徒も伝統行事「八月踊り」の演目で舞台に立った。
続き
 同振興会の又吉民人理事長は「組踊『手水の縁』は多良間村とは縁の深い平敷屋朝敏の作であり、280余年の時を経て立方、地謡とも最高の配役を得て催されることは、作者にとっても感慨深いものがあろうかと思う」とあいさつ。
 第1部は字塩川端踊座の中学生による「若衆踊り」などで幕を開けた。続いて重要無形文化財の保持者たちが古典舞踊などを披露。「手水の縁」は明治20年頃に八月踊りでも演じられた記録があるという。来場者は洗練された伝統芸能の舞台にじっと見入っていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23773-1.jpg
組踊「手水の縁」の一場面=23日、多良間村ピトゥマタ御願所(写真提供・多良間村教育委員会)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加