記事一覧

GoToでトラベル運用見直し、都道府県「イート制限」要請

 






2020/11/22 09時05分配信 - 政治・行政 -

 菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、「Go To トラベル」の感染拡大地域を目的とする旅行の新規予約一時停止措置の導入など運用見直しと、「Go To イート」の食事券新規発行一時停止などについて、都道府県知事に要請する考えを明らかにした。
続き
 菅首相は「感染拡大が続く中、社会経済活動に対し一段の強い対策を講じる事態を回避するため、国民の協力が不可欠だ。科学的にも効果が立証されている会食時のマスク着用、手洗い、3密回避という基本的な感染対策の徹底をお願いしたい」と国民に呼びかけた。
 政府は同日夕、官邸で対策本部を開催した。菅首相は政府の分科会の提言を踏まえ、「新規感染者が過去最多となるなど、最大限の警戒状況が続いている。感染拡大が一定レベルに達した地域では、その状況を考慮し、都道府県知事と連携し、より強い措置を講じる」と述べた。
 また、各都道府県が飲食店に対し営業短縮などを要請する際に地方臨時創生交付金を500億円追加配分して支援することや、重症者の発生を可能な限り食い止めるため、医療施設や介護施設で陽性者が確認された場合に入所者や従事者全員に国の負担で検査を実施する方針を示し、各閣僚に「国民の命とくらしを守るために緊密に連携し、解決に全力で当たってほしい」と指示した。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加