記事一覧

次期市長選、座喜味氏出馬受諾

 






2020/11/21 09時03分配信 - 政治・行政 -

 2021年1月の宮古島市長選挙で一部保守系とオール沖縄・革新系の市政刷新会議は20日夜、県議の國仲昌二氏の事務所で前県議の座喜味一幸氏(70)に出馬を要請した。座喜味氏は市政刷新への強い決意を表明し、受諾した。22日に正式表明する。座喜味氏は「現在の市政を刷新し、市民のための政治を進めるためにも粉骨砕身がんばりたい」と語った。市長選には保守系で現職の下地敏彦氏(74)が4選出馬を表明しており、両氏による一騎打ちの公算が高まった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23750-1.jpg
座喜味氏(手前中央)に出馬要請する國仲氏(同左)と新里氏(同右)と刷新会議メンバーら=平良下里の國仲氏事務所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加