記事一覧

クルマエビ初荷180㌔本土市場へ

 






2020/11/21 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)は19日、今期のクルマエビを高野漁港の養殖場から初出荷した。同組合によると、今年6月に久米島の種苗センターから稚エビ400万匹を仕入れ養殖を開始。生育期間は台風の接近もなく、気象条件にも恵まれて順調に成長している。年末年始の需要のあと、来年3月ごろに出荷がピークとなる見込み。前期実績は約23㌧。今期は約25㌧が目標。養殖が順調だと4月まで出荷する予定だ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23748-1.jpg
箱詰めされた180㌔を積み込んだトラックを見送る儀保組合長(右端)ら職員=平良高野漁港地内の養殖場

ファイル 23748-2.jpg
クルマエビの箱詰め作業が行われる作業場内

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加